>> ワイが雇われずひとりで飯を食っている方法

口下手のコミュ障の私がトップ営業マンになれた理由を語ってみた

ノウハウコレクター 特徴

コンテンツビジネスコーチの底辺くんだよ。

成約率が高い営業マンと、低い営業マンがいる。

さて、前者のクロージングトークを完全コピーして、後者がクロージングしたとする。

同じ水準の成約率は保てると思う?

答えは「圧倒的NO」だ。

言葉だけでは、クロージングは失敗する

トップ営業マン

相手に与える印象は、以下のようなパーセンテージ構成だ。記憶してくれ。

  • 言葉:9%
  • トナリティー(声の調子):50%
  • ボディーランゲージ:41%

つまり、どれだけ説得力のあるトークスクリプトを用意しても効果は薄い。相手に影響を及ぼす全体の1割に満たないからだ。

だから言葉だけを磨いたところで、それだけではおおよそ結果が変わらない。これが事実。

多くの成約率が低いダメ営業マンは、この原因に気づいていない。

調子のいいウマい言い回しや言葉を探そうするばかり。何も成長しないのだ。

言葉ではない。話し方も大事だ。話し方次第で相手を説得できる。

言葉は相手に与える影響の1割に満たない、これはトナリティーとボディーランゲージがあなたが伝えようする言葉よりも、遥かに影響力が高いということだ。

つまり、仮に「話す内容」に間違いが含まれていても、「話し方」に安定感があれば、相手のことを説得できる確率が高い。

言い換えると、クロージングは雰囲気が、成功の可否を決めるカギになる。

実際に、テレビ画面の向こうの専門家が凄そうに語っていれば、こちらが理解できなくても「きっとそうなんだろう」とファクトを確かめず鵜呑みにしてしまう。まさにそういうこと。

伝える内容が大事なのではなくて、伝え方・雰囲気が非常に大事。

相手は1秒未満であなたを判断する

営業マン ダメ

クロージングできる雰囲気をどのように作ればいいのか?

相手はあなたに出会った0.1秒の瞬間であなたを判断する。この0.1秒が勝負だ。電話営業でも対面営業でも、一言目が重要。

相手をどれだけ圧倒させることができるか。もっと正確に言おう。たった0.1秒で自分の世界観を作ることができるのかが勝負。

だから最初はこちらからアプローチしなきゃいけない、その最初でどれだけ相手を圧倒させられるかが勝負の分かれ目。

その最初のアプローチは絶対に「明るく、元気よく」がマスト。どんな業界でもどんな業種でもそれは絶対。

サラリーマン時代のテレアポ部隊の体験

私はサラリーマン時代、テレアポ部隊にいたことがある。

テレアポをしたことがある人はわかると思うけどさ。アポイントを取るのはけっこう大変だよね。

リストの質にも影響される。私の受け持っていたリストは、極薄リストだった。100件に1件アポがとれたらいいクロージング率。

苦戦しているなか、上司に「落ち着いた雰囲気。低い声、そして知的に声出せ」と言われた。

どうなったと思う?

結果、失敗。なかなかアポは取れなかった。テレアポをしまくると段々と頭がおかしくなってくるから「もういいや、元気よすぎるくらいでいこう」と思ってくる。

実践すると、瞬く間にアポイントが取れた。

そして何度も何度もその方法でアポを量産できるようになった。

これの違いは何だったのか。それはたった1つ。

「落ち着いた感じで、低い声で」いくか「明るく元気良く」いくかの違い。

スクリプトが全く同じでもその話し方によって10倍以上のアポ獲得率が変わる。この経験で、私は0.1秒で相手を圧倒したのだ。

クロージング率を上げるなら「ノンバーバル」を強化しろ

営業テクニック

今回は言葉ではなく「伝え方」について解説した。営業マンにとって、ノンバーバル部分の重要性を伝えたつもり。

このようにノンバーバル部分が9割の影響を与える。

しかし、だからといって言葉をないがしろにしていいわけじゃないぞ。

  • 言葉
  • トナリティー(声の調子)
  • ボディーランゲージ

この3点を、それぞれ並行的に鍛えていく必要がある。この3つ全てを強化することで、トップオブセールスマンに近づける。これは断言できる。

では、今回はこんなところだ。クロージングについて勉強するなら下の記事も読んでくれ。

無料メルマガ登録で

7つの講座+テキスト+音声無料プレゼント!

ネットビジネスコミュニティ
資金ゼロ。在庫不要、利益率は9割越え。
たった独りで誰にも縛られずに稼ぐ方法を学びませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
底辺くん
名前は底辺くんです。人間関係、法律、社会常識すべてから解放されたネットビジネス陰キャを自称しています。業界内のネットビジネスノウハウを隅から隅まで知り尽くしています。好物は泥水をすすりながら食べるじゃがりこです。世界中から情報収集しているので、日本のネットビジネス起業家トップ層も知らない戦術、テクニックに通じています。変人が好きです。仲良くしましょう。