>> ワイが雇われずひとりで飯を食っている方法

田舎暮らしに憧れ?残酷な現実を教えてやるよ

田舎暮らしは憧れなのか、現実を知っていて実現したいのか?

田舎暮らしをしたいと憧れる人は多いけれど、実態を知ったうえで憧れているのか、知らないで空想に憧れているのか?

まずは、田舎暮らしをする前に、リアルの暮らしをお伝えします。この記事を読んだ上で、田舎暮らしを検討してみてください。

ちなみに、過去に田舎暮らしをしている私が、田舎の人間関係を記事にしました。

人付き合いやご近所付き合いが不安な方はぜひ読んでください。

田舎は物価は安い、でも車は必須

田舎暮らし 車 

まず田舎暮らしのメリット。確かに生活物価は安いです。都会で暮らしていた頃と比べると、かなり安い。

それに、ご近所さんから野菜を貰う事も多いので、食料に困る事はありません。しかし、不便な点があります。買い出しです。

田舎では買い物に行くのも不便です。車で40分かけて1週間に1度買い出しにいかなくてはいけない辺鄙な場所いもあります。私の場合はそれほど時間はかからないものの、やはり車なしでは生活はできません。

車免許は必須といっても過言ではないです。

田舎の家賃は安いが、虫が多い

私の場合は、町で有力なおじいちゃんに家を斡旋してもらいました。この話は過去記事にも書いているので、よければお読みください。

おかげで安く済んでいます。家賃は安いかもしれません。でも都会のマンションみたいに、快適に住めるとは限りません。ここ大事ですよ。快適じゃないかもしれないんです。

なぜなら、虫が多いです。ええ、当たり前に虫が家の中にいます。ムカデや大きなハエやヤスデなど。

虫が怖い人はやめておきましょ。

なぜか、家の中まで入ってきます。これ田舎あるあるでしょうかね。どこから入ってきたのか洗面所やトイレに虫がいたりします。

先日、大きな緑のイモムシがトイレの床にいました。蛇やカエルもいます。何故か、ある日はアマガエルがお風呂場にいました。

どっから来たの?マジで。

野生生物の鳴き声がうるさいし、最初は怖い

田舎 野生生物 怖い

また、山が近いとイノシシとか熊も当たり前にいますよ。車で鹿を轢いてしまいそうになったことがあります。

でも、イノシシやシカにぶつかると、クルマの方にダメージがいくんですよね。彼らの方が強いです。

あとは、田畑をイノシシやシカや猿にあらされる地域もあります。熊警報が出るところもあります。

なにより、猿は人間が思っているよりも頭がいいです。ネットや柵があっても、上手に食べごろの果菜類を取っていきます。正に騙し合いの世界です。田舎でスローライフ?のんのん。殺伐とした修羅ですよ。

猿が家の中にまで、入ってくることもあります。

田舎は路線バスや電車も油断できない

上でも話しましたが、田舎では、車が無いと生活できません。いや、路線バスがあるという声もあるでしょう。

安心してはいけません。ある日、廃線になることもあります。過疎化です。利用者が少ないと、路線バスを運営できないので廃線になります。

ちなみに、雪が多いところや寒い所もありますから、4輪駆動が必要な地域もありますよ。

山道が多い所は、特に運転が怖いです。路線バス戻ってきてくれって感じです。

技術が田舎基準なので、都会の水準で考えるな

田舎によっては携帯の電波が弱い場所もたくさんあります。マジで通りません。

ボットントイレは多いです。公共のトイレが少ない場所も多いです。田舎ないよね。ガスも都会とは違ったりします。

このように都会での暮らしを当たり前だと思って、田舎に移住すると不便さに驚きます。ただ1年住めば慣れます。

田舎が合う人だと、1年住めば都会が便利でも都会に戻ろうとは思えません。田舎には田舎の良さですね

田舎暮らしには思わぬ出費がある

田舎暮らし 出費

事故や怪我、病気で働けなくなったり、田んぼや畑ができなくなったら、お金で解決しなければなりません。

自然災害だって、都会よりも深刻です。

台風で気が倒れたりハウスがつぶれたり、何万円、何十万円分のビニールが吹っ飛んでしまったり。通行止めになってしまったり・・・。

家の一部が壊れたり、土砂崩れで道路が埋まれば、みんな総出で、復旧作業を行います。

地域の人たちの共同利用の場所に被害があれば、

電気が止まると悲惨です。

イベントがあれば地域でお金を緊急に出し合うことだって、起こりうるのです。

田舎で雪が降ると光熱費が…

大雪が降れば、雪かきや雪下ろしが必要になります。自分の家だけではなく、道路や高齢者の家の雪かき、雪下ろしを手分けして行うことだってあるんです。

例年に無い大雪や寒波が来れば、光熱費がかさみます。

暖かい地方で暮らすならともかく、田舎暮らしをするなら、冬を基準にして、生活の仕組みやかかるお金を考えましょう。これホントに大事。

田舎では1人につき1台の車を持ちます。じゃないと不便です。家族が1人1台車を持つなら、ガソリン代がかかります。ちなみに税金、車検代、保険代もばかになりません。

田舎暮らしをするにはお金と車が絶対重要

田舎暮らしには、ズバリ、お金と車が必要です。田舎で暮らすにしても、やっぱりお金が必要です。

  • 田舎で勤めに行って収入を得るのか
  • 事業を起こして収入を得るのか
  • どこに住んでいても収入を得られる仕事をするのか

いつどこに住むにしても、お金の確保は大事です。いざとなったら、家の改修費や引っ越し費用、家や田畑を購入するためのお金が必要になります。

更に追い打ちをかけることを言いますが、田舎暮らしで、お金がないことを周囲に知られると、さげすんで見られます。割と馬鹿にされます。ええ、田舎で暮らすにしても、やっぱりお金は必要です。

もともと田舎に住んでいる人たちは、土地や家、田畑などの換金できる財産をたくさん持っています。

都会から田舎に移住を考えている人が、みんなお金や財産をたくさん持っているわけではありません。

田舎暮らしの夢を本当に叶えたかったら、叶えるための方法を考え、資金的な余裕をどうしたら作れるか考えましょう。

お金がないから田舎暮らしを諦めるのではなく、どうやって収入や預金を確保して準備を進めるのか、仲間と一緒に見つけていきましょう。

無料メルマガ登録で

7つの講座+テキスト+音声無料プレゼント!

ネットビジネスコミュニティ
資金ゼロ。在庫不要、利益率は9割越え。
たった独りで誰にも縛られずに稼ぐ方法を学びませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
底辺くん
名前は底辺くんです。人間関係、法律、社会常識すべてから解放されたネットビジネス陰キャを自称しています。業界内のネットビジネスノウハウを隅から隅まで知り尽くしています。好物は泥水をすすりながら食べるじゃがりこです。世界中から情報収集しているので、日本のネットビジネス起業家トップ層も知らない戦術、テクニックに通じています。変人が好きです。仲良くしましょう。