>> ワイが雇われずひとりで飯を食っている方法

なぜ、わざわざ稼げる方法・儲け話を人に教えるの?情報商材屋の裏話をします

稼げる儲け話を人に教える理由

どうも、底辺くんです。

ネットビジネス業界で「この方法をすれば月収100万円稼げます!」そう教える自称・先生たち。その実態は情報商材屋

彼らを見て、率直にこう思わね?「なぜ稼げる儲け話を人に教えるんだ。本当に稼げるんだったら人に教えなければいいのに」と。

その疑問はワイ自身も、ネットビジネス業界に入ったばかりのウブな頃に思ってた。

胡散臭いし、怪しいし、わざわざ稼げる方法を教えている人なんて、怪しさのカタマリだよね。わかる。ワイも同じように思ってたよ。

あれから8年近く経った今、ネットビジネスで飯が食えるようになり、業界の裏事情も知っている。今だと分かる。なぜ彼らが儲け話を人に教えようとするのか、が。その答えをハッキリと言うよ。

情報商材屋が他人に儲け話を教える理由

情報商材屋 正体

なぜ赤の他人に儲け話、稼げる方法を教える人が、こんなにもネット上に沢山いるのか。もう分かるだろ?賢いお前なら分かるはずだ。 

この方法をやれば稼げますお、とネット上で叫べば、食いつく人が出てくる。集まった人たちに、「もっと具体的に稼ぐ方法を知りたければワイの教材を買ってくれ」と言えば、自分の情報商材が売れる。

情報商材1個当たりの値段が3万円。もし、月10人買えば、それだけで30万円の売上だ。

つまり、ネット上で彼らが人に稼げる方法を教えているのは、自分自身が稼ぐためだ。

情報商材屋は商売・お金を稼ぐため

これよこれ。これ以外にはないよ。

困っている人を見捨てられない。だから稼げる方法を無償で教えてあげているんだ、そんなボランティア精神豊かな聖人君子なんていない。

間違っても誤解しちゃ駄目。この業界に良心を期待するな。

他人様に稼げるノウハウを売りつけることで、自分がカネ儲けをする。そのために彼らは活動しているんだよ。これがすべて。

なぜ人は怪しいのに情報商材を買うのか

情報商材 購入する

実際、「お金の稼ぎ方」というテーマは、大半の人が知りたい情報。需要があるんだ。だから怪しくても売れる。

分かりやすい話をする。100万円の教材があるとする。高額だよな?普通ならこんな高い教材なんて買わない。

だけど、この教材を買って実践すれば、毎月100万円稼げるようになるとしたらどうだ?

本当にその教材を買って毎月100万円稼げるようになるなら、大半の人が借金をしても買うだろうよ。たとえ、教材の値段が100万円だとしても、購入して初月から100万円稼げるなら支払った金額はペイできちゃうからね。

情報商材を買っちゃうお客さんは、自分が実際に100万円という数字が銀行口座の通帳残高に記載される妄想をする。

「あー、1回100万円払えば、今後毎月100万円稼げるようになるんだぁ…」的なね。

怪しくても、金銭欲に人は負けちゃう。妄想させれば情報商材屋の勝ち。

まぁ、賢いあなたは分かってると思うけど、そんなウマい儲け話はないんだよ。

100万円払えば、毎月100万円稼げるようになるんだったら、誰もサラリーマンなんてしねぇわな。

teihen
底辺くん

確かにラクして儲かる話はある。でも、それは庶民には回ってこないんだよ。

根底にあるのは情報商材屋への不信感、気持ち悪さ

情報商材 気持ち悪い

実際さ、SNSやYouTube、ブログで儲け話を教える奴らって気持ち悪く感じるだろ?

で、なぜ気持ち悪く感じるのか?それはあなた自身がもう察しがついてるよね?

どうせ高額な商材を売りつけて来るんだろうな、とか情弱からお金をチューチュー吸うために、稼いでいるフリをしているんだろうなとかさ。

だから、SNS上に沢山いるアニメアイコンで、プロフ文章が痛々しい奴らって、傍から見れば「気持ち悪い」わけよ。

“昔はブラック企業のサラリーマンでしたが、自分で起業して稼いでから自由な人生を送ってます。みんなも起業した方がいいよ!人生は1度キリ”的な情報発信に目も当てられない。

キラキラしたこと言っているけど、いやお前ら、人からカネをむしり取る事しか考えていない詐欺師もどきだろと思われてるわけよ。そして、あなたもそう思ってるよね。

稼いでいる人がしないことを、彼らはしているから不信感が湧くし、気持ち悪いんだよ。

ウマい話には裏がある

そもそも、旨味のある話には裏がある。

世の中の楽しいこと、面白いこと、キラキラしていること、すべてお金が回ってる。誰かが得するようにできている。

つまり、儲け話を教えてくれるっていう旨味がある話も同じ。情報商材を売りたいから、人に儲け話を教えますと言っているわけよ。

で、結局彼らが売る情報商材を買えば、あなたは稼げるのか?…それは分からない。

お金 すべて

失敗しない情報商材の選び方

情報商材 選び方

原則をいえば、情報商材は買わなくていい。

いや、ワイも情報商材屋だし、情報商材を売ってんで、それ言っちゃうと誰も買わなくなる可能性もあるんだけどね。

ただ、ぶっちゃけ言えば、ネットでググれば稼ぎ方や儲け話が無限に見つかる。YouTubeでも有料級のコンテンツが学び放題。だから無料で学ぼうと思えば無料で学べる。

そう言いながらもワイは情報商材を買ったりする。稼げるようになっても買う。

無料で情報を探せば見つかるのにね。なぜワイは情報商材を買うのか。それは「最短経路へのショートカット」になるから。

ネットビジネスは効率的=最大の特徴

ネットビジネス 特徴

効率的にお金を稼ぐっていうと、胡散臭い。気持ちはわかる。

でも、インターネットの利点で効率性なんだわ。例えば、あなたが読んでいるこのブログ記事も、あなただけじゃなくて、日本中の何百人もの人が読んでくれる。

よくよく考えてみれば、底辺のワイひとりが書いた記事が、何百人~何千人にも読まれる。

ワイはYouTubeもやっているけど、1つの動画再生数が700回を超えたんだよね。数字だけ見ると「ショボい」んだけど、よく考えれば、約700人にその動画を見られていることになる。

訪問営業した経験あるなら分かると思うけど、ひとりひとりに営業するって時間がかかるし大変なんだよ。

でも、ネットなら1回セールスをすれば、数百、数千人にリーチできる。…どう考えても効率がいいよね。

つまり、ネットビジネスは効率が大事なんだわ。

情報商材を買うことは効率的かもしれない

で、ワイが情報商材を買う理由はまさに、自分が知らないことや、新しい価値観を入れるために買っている。ぶっちゃけ、情報商材を買うメリットって、これしかないだろ。

効率だよ効率。

あなたより何十歩の先にいる経験者から、ノウハウを学ぶことで自分で情報を探すよりもよっぽど時間短縮になる。

確かにGoogle検索をすれば、稼ぐ方法は見つかるけど、ネットの情報は玉石混交(ぎょくせきこんこう)。つまり、悪い情報も良い情報も混ざっている。

どの情報が正しいか迷っている間に時間が過ぎていく。

会社員だったら退社して家に帰って21時。そこから情報収集してどの方法で稼ぐかを検討するなんて時間がないわけよ。稼ぐ方法を見つけるために無駄な時間や労力を使うなら、最初から経験者にお金を払ってやり方を学んだ方が、よっぽど効率的だと思わないか?

ワイは怪しい情報商材屋だけど

情報商材屋
底辺くん

例えばワイ自身は、元専業アフィリエイターだった。アフィリエイトだけで飯を食っていた。SEO知識も現役であるし、英語も読めるなら英語圏からの情報も収集してる。

大阪で情報商材を売るインフォ系会社で勤務して、セールスからプロモーションまで担当していた。その経験値があるんだよ。

ハッキリ言って、ワイは怪しい。

世間的には、詐欺師よりも胡散臭い存在だと思う。それでも、ワイの情報商材を買ってくれるお客さんがいる理由は「アンダーグラウンドな生き方、経験、何より実力をワイが持っているから」だ。

みんなショートカットしたいんだ。無駄な遠回りをして稼ぎたいわけじゃない。最短距離で突き進みたい。だから経験者のワイから情報商材を買う。

だから、もしも情報商材を買うなら、効率的に成果を出すために誰から学ぶのかを意識して選んでくれ。

ネットビジネスは誰から学ぶのかがカギ

勉強をする子供

そもそも知識だけ付けたいなら、小学1年生の時点で学校なんて行かずに、各教科の書籍を与えておけば、子どもは自学自習して知識を脳ミソに入れるはずだろ?

これが一番効率的だ。自分のペースで勉強できるし、好きなだけ知識を習得できる。だけど、多くの子どもはそれができない。

なぜか?ワイの考えは、人から直接教わることに意味があるからなんだよ。

ビジネスは教科書通りじゃない。フレームワークは機能しないし、定説は現場で役に立たない。進研ゼミさながら、「この問題はあのビジネス本に書いてあった!」みたいなことは稀。

だから、情報だけでは使い物にならない。

信用できる人からノウハウを学べ

学生の頃って、好きな先生と嫌いな先生いなかった?やっぱり好きな先生の授業はよく聞くし、面白い教え方をしてくれる先生のテストは毎回いい点数だった。…そんな経験ない?

つまり、誰から学ぶのかだよ。

結局、「この人が教えることなら納得できる」「この人の言うことなら信じられる」って人から学ぶのが一番だよ。

自分が信用できない相手から学んでも、どんな凄い稼ぐノウハウを持っていても実践できない。

不信感が湧いてしまって、本当にこのノウハウを実践して上手くいくか、その自信が持てなくなるから。

ネットビジネス 詐欺

独りで上手くやれるなら情報商材はいらない

この話に共感できないなら、「誰から学ぶか」に意味を持たないんだと思う。そのタイプの人は、学生時代も教科書があれば、不登校でも勉強ができた子供だったんじゃないかな。

そういう人は情報商材を買う必要はないよ。自分でネットで探して無料で勉強すればいい。

一方で、知識だけあっても上手くいかない。自信がない。つまづく。そんな人に必要なのが「誰から学ぶのか」だ。

失敗したくないなら、情報商材の中身+誰から学ぶのかを判断材料にしてくれ。

コンテンツビジネスと情報商材の違いは?

まとめ:お金持ちは儲け話を教えない?儲け話の裏

ネットビジネス コンサルティング

最終的に「情報商材を買うなら、こういう買い方をしよう」って話になってしまったけども、結局、儲け話にも裏があるのは当たり前だよな。

みんな情報商材を売るために、ネット上で儲け話を教えますーみたいな魅せ方をしてるのよ。

で、そういうのを傍目で見ていて「うわ…気持ち悪い」「怪しい」と感じるのは率直な気持ちなんだろうけども、だからといって情報商材がク〇なのかというと、そんなに安易な話じゃないんだわ。

もちろん、自分が稼いだ経験が人生で1度もない無職ニートが「この方法をやれば稼げます」と教えようとしているのは端的にいってヤバい。それは詐欺。

でも、結果出しているプレイヤーから情報を買うことで、自分が稼ぐためのショートカットになるなら、それはそれでよくね?そういう意味で情報商材を活用してくれたらと思うよ。

長文になっちゃったけど、参考になれば嬉しい。

元ネットビジネス起業家の告白


情報商材屋

これを知る前にネットビジネスをはじめてはいけない理由。元専業アフィカス。情報商材屋のワイが真実を公開


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
底辺くん世捨て人
名前は底辺くんです。人間関係、法律、社会常識すべてから解放されたネットビジネス陰キャを自称しています。業界内のネットビジネスノウハウを隅から隅まで知り尽くしています。好物は泥水をすすりながら食べるじゃがりこです。世界中から情報収集しているので、日本のネットビジネス起業家トップ層も知らない戦術、テクニックに通じています。変人が好きです。仲良くしましょう。